腎臓病食は宅配で迅速にGET|健康はスピード勝負

2人の女性

日替わりメニューを楽しむ

食事

栄養バランスの良い食事

腎臓病食は糖尿病食とは違ってカロリーは通常と同等のエネルギーを維持し、たんぱく質・塩分・リン・カリウムを制限しています。腎臓病になると栄養バランスの計算が難しくなる事から、宅配食を導入する患者が増えています。腎臓病食は制限されている栄養素の計算がしっかり行われていますので、主食と汁物を自分で準備するだけでご飯の支度が終わります。日替わりメニューになっていて彩りの良い中身になっており、腎臓病食は全く普段と変わりなく楽しめるでしょう。これを継続すれば腎機能は悪くなる事は無いので、治療と並行して毎日の食事に気を遣う事が大切です。栄養バランスを考えて作っている事でやや高額ではありますが、健康的な生活に戻りたい場合は試してみると良いでしょう。

メニューの特徴

宅配腎臓病食の特徴は脂質・糖質をカットしないで300kcal前後で提供していますが、野菜・海藻をふんだんに使ったメニューが多いです。主菜1つ・副菜2つを10品目以上で作っているので、カリウム等の摂取制限以外の栄養素は目標摂取量を無理なく取れます。宅配食は普段全く料理をしない中高年男性であっても、電子レンジを使えば調理できるので気軽に利用が出来ます。主食に関しては自分の標準体重に合った量を計算する事が必須であり、白米・玄米・雑穀類の中から選びましょう。最近では150gのレトルトパックのカロリー計算がしやすい商品も発売されているので上手に利用して下さい。なお、宅配食は薄めの味付けにはなっていますが、素材の旨味と出汁の風味を十分に活かしているので長く付き合っていけます。