腎臓病食は宅配で迅速にGET|健康はスピード勝負

2人の女性

業者選びをしっかりと

料理

タンパク質と食塩の制限

腎臓病の方が、食事療法を行う目的は、4つ挙げられます。患者の腎機能の維持、体内の食塩や水分またはカリウムなどの濃度を保つ、尿毒素の蓄積を防ぐ、長寿です。この目的を達成するためには、腎臓病食はあります。腎臓病食には、気をつけるべきことがあります。まずは、腎機能に負担を与えないために、食塩とタンパク質を制限します。体内の食塩などの濃度を保つために、食塩、場合によっては水分やカリウムを制限します。腎臓病患者が必ず行うことは、タンパク質と食塩の制限となります。現在では、便利な加工食品が増え、これに一切頼らないことは難しくなりました。食塩相当量などの記載はあるものの、食塩量の管理は、困難なものです。タンパク質に関しても同様で、普段食べているご飯やパンにも相当数含まれています。タンパク質を減らして、カロリーを減らさないというのは、なかなか困難なことなのです。そこで、宅配に頼る方も増えています。宅配のメリットは、料理を準備する方の負担が大きく減ることが挙げられます。また、患者も飽きずに、しっかり食べられます。ぜひ、活用を検討してみてください。

業者選びのポイント

腎臓病食の宅配を選ぶ上で、注意すべき点はいくつか挙げられます。最も重視すべき点は、医療機関が活用している業者かどうかです。信頼できる業者は、病院や医師が活用しているものです。こうした業者は、制限量をしっかり守ることができます。主治医に相談してみて、名前のあがった業者は、有力な候補としましょう。なお、カリウム制限のある方は、業者に対応可能かどうか、しっかり確認する必要があります。また、おいしさや料理のバリエーション、素材にも気を配れると理想的です。おいしく、料理のバリエーションが多ければ、患者が飽きることはありません。素材の安心感があれば、体の負担が増えません。この3つの点は、患者のために是非とも考慮したいところです。最後に、節約するための方法を記載しておきましょう。腎臓病患者向けのレトルト食品を活用したり、自炊で、腎臓病食の宅配は、1日1食から2食にすることも可能です。ごはんは、自宅で低タンパク米を炊いて、おかずのみの宅配を依頼することもできます。これらの節約術も考慮し、腎臓病食の宅配サービスを検討してみてください。