腎臓病食は宅配で迅速にGET|健康はスピード勝負

食事

腎臓病に合った食事

2人のウーマン

腎臓病の食事

腎臓病と診断された方、食事療法はどうされていますか。病院から食事療法の説明を聞いている方も多いと思います。しかし、腎臓病食は制限がたくさんあり大変です。改めて腎臓病食について簡単に説明していきます。腎臓病食はタンパク質と塩分の制限が基本です。タンパク質と塩分を多くとると腎臓に負担がかかるため、制限しなくてはなりません。タンパク質は肉や魚、卵などに多く含まれています。通常の方にとっては良い食材ですが、腎臓の機能が低下していると良質のタンパク質をろ過できなくなり、腎臓に負担をかけてしまいます。タンパク質を多くとるのは避け、量も控えめにしましょう。その分、野菜やご飯の量を増やすことで満足できるので、腎臓病の悪化を防ぐ食事が作れるようになります。

塩分の制限

次に、塩分の制限です。塩分を摂りすぎても、腎臓に負担がかかります。また、むくみなどにも現れ体調も悪くなります。塩辛いものは避け、薄味に徐々に慣れていきましょう。今は食事の宅配と言う便利なサービスがあります。一人暮らしや、高齢者向けのサービスだけではなく、持病に合った食事を出してくれる宅配もたくさんあります。腎臓病食の宅配ももちろんあり、試してみるのも良いでしょう。宅配のメリットは、ほとんどが冷凍で来るので食材の無駄がなく、無理に食べ切らなくてもいいことです。高齢者の方は1度に食べきれないことも多いと思います。次に、調理が楽になります。お話しした通り腎臓病食を作るのは難しいです。慣れるまで取り入れても良いですし、疲れた時や忙しい時の予備として購入しておくのも良いと思います。

日替わりメニューを楽しむ

食事

宅配腎臓病食は腎臓に負担の掛かる栄養素は出来るだけ抑えて調理されているのが特徴です。ご飯や汁物は自分で準備する事が多いので標準体重に見合った量を食べる事が大切であり、白米なら150g前後を目標にして下さい。

もっと読む

制限があっても美味しく

man and woman

腎臓病には食事療法が必要です。しかし、腎臓病食は管理が難しく、続けるのは大変です。宅配をうまく利用して、腎臓病食を続けることで、病気の進行を防ぐことができます。食事作りにストレスを感じたら、腎臓病食宅配を思い出してください。

もっと読む

業者選びをしっかりと

料理

腎臓病食では、食塩やタンパク質の量などが制限されます。患者が安心して食事を行えるよう、宅配の利用を検討してみてください。なお、業者選びの際には、医療機関が活用しているところを最優先させましょう。また、患者がおいしく食べられるように、味やバリエーション、素材などでポイントの高い業者を選びましょう。

もっと読む